読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

荻野目慶子で再考察する不倫関係(File.177)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

久しぶりに書庫から「女優の夜 荻野目慶子 2002年10月」を引っ張り出して目を通した。月刊 精神分析 荻野目慶子 深作欣二 女優の夜 2017年01月号 で再評価する為だ。

荻野目慶子さんはほぼ私と同世代を生きた人で「女優の夜」を再読していて生きてきた時代背景が一緒だったので懐かしかった。

特集記事はこちらで。

http://agency-inc.com/oginome-keiko/

今となっては、本の中に描写されている人々が既に故人となっていて、いいも悪いも「そういう事になってしまったんだからしゃーないだろう」と深作欣二監督口調でしゃべるしかない様な状況である。

精神分析の世界では世の法律も形式の1つであって「超自我」が関わる形式の1つに他ならない。

人は法律厳守を宣言してこの世に誕生してくるのではない。そして、また天寿を約束されて生れて来るわけでもない。

今年もアチコチで沢山、不倫報道がなされて窮地に追い詰められたり、謝罪したり、表舞台からの退場を余儀なくされて人達が沢山いる。

事故も不倫も無い方がいいのだろうが、また、それをやらかしてしまうのも人間であって、精神分析的視点でみると、荻野目慶子さんが「魔性の女」で社会悪で排除すべき存在と断定するよりも、河合義隆監督も深作欣二監督も、精神構造がそうなっていて、目の前に荻野目慶子がいたらそうなるよなと・・共謀関係・近親相姦関係の再現として納得してしまうのだった。

今年、露出度が高かった「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音さんも、そうなるべくしてそうなっていると理解すれば、また来年も色々騒ぎを巻き起こすのだろうと思ってしまう。

人は人と言う病とともに生きているのである。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f