読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

福岡市中央区「薬院伊福町」の謎(File.376)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

以下ネットから引用

ビッグデータが明かす福岡市議会 20年間一度も言及されなかった地名は?

西日本新聞?4/7(金) 10:19配信

福岡市議会で20年間発言がなかった地名

NECソリューションイノベータ九州支社と西日本新聞は、九州一の人口を抱える福岡市市議会の議事録約20年分(1997年~2016年9月)のデータを分析し、発言された地名の傾向を調べた。商業や行政機能が集まる都心部や、開発計画がある地域は議員らの注目度が高い一方、市の境に近い地域の地名が少ない傾向が鮮明になった。357カ所中、24カ所は本会議と各委員会を含めて、市議会で20年間一度も発言がなかった。

以上ネットから引用

上記の記事の中で市議会で20年間一度も発言がなかった町名の1つが「薬院伊福町」だ。Googlemapで検索してもらうとすぐ出てくる三角形のビル一棟立てれば終了しそうな面積しか無い区画の町名が「薬院伊福町」。

薬院1丁目から4丁目(洋菓子の16区やKKRホテル)が整然と位置し、普通なら薬院4丁目に入っていて当然の区画。西は「古小烏(ふるこがらす)町」「御所ケ谷」・その向こうは「谷」・・。という位置関係になる。

私が数年タクシードライバーをしていて、ただの1度だけこの「薬院伊福町」のお客様をお迎えに行ったことがある。福岡に50年住んでいて、初めてきいた地名だったので、お客様に由来をお聞きしたのだが、住んでいる筈のお客様自身もご存知なかった。

調べてみると、戦前から戦後にかけて行政の都合で消えていった(整理された)町名は山ほどある。私の実家のある馬出も私が中学生の時までは(大仏通り、大学通り、浜松町、巴町、白山町、金平団地)などの旧町名があった。

たぶん「薬院伊福町」も、何もなければ「薬院4丁目」の一部になっていた筈なのだが、旧住民が「薬院伊福町」という地名に何かしらの意味を見出し抵抗勢力となって残した地名が「薬院伊福町」の筈なのだ。

町の名前がそうなった意味を知りたいと思う。

あの時、なぜに「伊福町」を残したのか?

人は意味を生きている。意味に命をかける事も厭(いと)わない。

あなたはどういう意味を生きていますか?

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f