読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

映画「トリプルX:再起動」の考察 (File.347)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

金曜日はキャナルで安く映画を観る事ができます。

今回は「トリプルX:再起動」を見てきました。

いわゆるリブート物に入るのでしょうか?調べてみると

トリプルX(2002)
トリプルX ネクスト・レベル(2005年)に続いてのシリーズ3作目だそうです。映画批評をチェックしてみると、主役のヴィン・ディーゼルさんは2作目には出演しておらず、15年振りに古巣へ復帰と言う事になります。

私なんか1作目も2作目もノーチェックだったので、ヴィン・ディーゼルさんに関してはワイルド・スピード シリーズの「ドミニク」と言った方がピンっときます。あぁあのマッチョな人ねと言う感じです。

もうすぐ公開のワイルド・スピード最新作の「ICE BREAK」の予告編なんかみるとますますスケールがデカくなって、カーチェイスなんか戦闘シーン化しているような気がします。

さて話を「トリプルX」に戻します。全編大活劇シーンで十分楽しました。元祖:トリプルX(2002)をご覧になった方は懐かしさもプラスされるのでいい感じで鑑賞できるのではないでしょうか?どこまでがスタントでどこからがCGなのか?考える暇もないくらい今まで観たことなかったアクションシーンがてんこ盛りです。

でも、血しぶきが飛んだりするグロい描写はないので、一種テレビゲームの画面を観ているような感じもします。まぁそのタイトルの世界観に没入できれば十分に楽しめる映画だと思います。

マニアの方は第一作目を見直して復習後にご覧になったらより楽しめるかもしれません。予備知識のない私でさえ、結構スカッとした気分で劇場を後にする事ができました。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f