読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

誰も育児しない日本の考察(File.322)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

以下ネットから引用

 「保育園に落ちた…」国会議員にママら訴え

日本テレビ系(NNN) 2/24(金) 19:57配信

保育園に入れない子供を抱える母親が、「保育園に落ち、仕事を辞めるしかない。私たちの暮らしはどうなるのか?」と国会議員に訴えた。

板橋区在住の母親「本当に怒っていて、私は。0歳児の時も、1歳児の時も、2歳児の時も(保育園に)落ちた。保育園に落ちたせいで、さよなら私の自立っていう気持ちになっています」

葛飾区在住の母親「保育園に落ちてしまった私は、仕事を辞めるしかない状況。私たちの暮らしはどうなってしまうのかというのが、すごい心の中にあります」

東京・永田町の議員会館に24日、認可保育園に子供が入園できなかった母親ら約50人が集まり、保育所と保育士を増やして、待機児童問題をすみやかに解消するよう訴えた。

また、参加していた保育士は、保育士1人を保育所6園で取り合うなど、資格を持った人はいるのに、賃金が安いため職業として選ばれていないと待遇の改善を求めた。

以上ネットから引用

今「待機児童」と言う言葉が政策テーマになっている。毎日毎日「待機児童」か「豊洲移転問題」。

現在53歳の私からすると、本当にこの50年でパラドックスの大逆転が起こったのだなと思う。

私の子供時代。1960年代は、女性の生き方として専業主婦が主流で家計は大黒柱の旦那が支え、家事育児は奥様・・と性差による役割分担がなされていた。日本経済も成長過程にあり、男性はモーレツ社員として頑張って、女性は「家に入る」「内助の功」と言う言葉の枠の中で生きていた。保育園は「子どもに小学校に入学する前に予備集団生活を体験させる為のもの」・・「小学校前の子どもを預けておく場所」と言う認識で、仮に保育園がなくても同居のジジババが面倒見てくれる。日本社会の構造はそうだった。

映画で例えると「ALWAYS 三丁目の夕日

子どもが手を離れる時期が来ると、家計の足しに・・と女性はパートで社会参加。

1985年、私が社会人として船出する時にある法律が施行された「男女雇用機会均等法」。社会は女性の社会進出を促し、性差による職業と賃金の差別を禁止した。看護婦さん→看護師さんとなったのもこの法律の為。

さて、法律施行後、順風満帆の日本経済にバブル崩壊の時が来た。1990年の事である。

それまで、毎年給料が上昇するのが当たり前の世の中だったのが、平成になってからむしろ、物価も給料も下がり始めたのである。高止まりしたのは「教育費」。安定した収入が得られなくなったので耐久消費財が売れなくなった。家、車、バイク、高級家電、かつてはローンで購入していた商品群だ。

さて、この時期を境に、安定した収入が見込める「正社員」が高嶺の花になり、多くの人々は派遣とかアルバイトでしか収入が得られなくなった。なんとか頑張って恋愛結婚しても子どもの事を考えると「夫婦共働き」をしなければ生活が成り立たない。昔は子どもの面倒を観てくれたジジババがいたのだが、今となっては核家族化で子育てバックアップシステムは機能しない。

となると「0歳児でも託児所・保育所に預けて働かなきゃ」となるのだが、社会資本としての「託児所・保育所」は絶対的な数が足りず、保護者が何度応募しても「私の子どもは待機児童」状態となってしまう事態を迎えてしまったのだった。

精神発達論から母親による育児の重要性を認知している精神分析家からすると「あまりにも子育てを軽視しすぎ」です。

母が愛情を注がずして誰が子どもを育てるんですか?・・と。

この理屈からいくと夫の給料だけで生活が成立していた50年前の方が、子どもの養育環境としては好ましかったと言う事になります。

男女雇用機会均等法は、働きたいと思った女性に「平等な機会と賃金」を保証する為のもので「0歳児を他人に預けてまでも労働を強制する為のもの」では無かった筈。働きたい人は働ける。専業主婦したい人は専業主婦出来る。そんな世の中が目指すべき社会であった筈なのでは?

今、大学院卒の高学歴の女性の志望職業の第一位はなんだかご存知ですか?「専業主婦」ですよ。50年かけて頑張って一周したら、結局したかったのは「専業主婦」。

今現在でも、子供時代の養育環境が最悪でトラウマを抱えて苦しんでいる人が多いのに、10年後、20年後、母に育ててもらえなかった人々が跋扈する日本社会が到来します。

離婚、シングルマザーの増大、再婚率のアップ、虐待、異母兄弟、複雑な家庭環境。

もう幼児虐待や家族間で殺し合いとか悲惨なニュースを目にしたくありません。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f