読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

機械(自転車)にも心があるのか?(File.267)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

先日、自転車の試乗についてブログを書いた。。

ジャイアント コンテンドSL1ディスク 試乗(File.262)」

その時(その後)に起こった事を記述する。機械にも心があるのだろうか?

ロードバイクの試乗を済ませ、早良区百道浜から、約10キロの道を帰宅していた時の事、不意にクロスバイク(自転車)の変速機が故障して、思うようにギアチェンジが出来なくなった。

低速ギアから高速ギアまで、上手に使い分けて、スムースに自転車を走らせている(それも無意識に)筈が、ギアチェンジが出来なくなるだけで、途端に「あらあら」と前方への注意力も削がれて非常に危険な状態となる。

平素は手元のチェンジレバーなど見もしないのに、トラブルが発生しすると、故障の原因さがしに注意が向いてしまうのだ。

なんとか騙し騙し自転車をこいで帰宅して、試しに潤滑油をチェンジレバーにさしてやった。するとどうだろう、不具合は一挙に解消され、今までより、よりスムーズにギアチェンジができるようになった。

しかし、なぜ急に不具合が発生したのだろうか?

自分の考えはこうである「自転車の買い替えを検討し、新しい自転車を試乗した」ので、今、頑張ってくれている手持ちの自転車が気を悪くして、ぐずったのだ。

「何を馬鹿な事を」と諸氏は訝(いぶか)るかもしれないが、自動車やバイクの所有者は、こう言う事は必ず経験している筈だ。今の今まで普通に動いていたバイク(愛車)が、別のバイクへの乗り換えを思案しだした途端に、何か不具合を発生させる。

まるで、ヤキモチを焼いたかの如く。

古来日本人は、その精神性として八百万の神を信仰してきた。

「万物に神が宿るから、万物を大切にせよ」と言う教えだ。

最近のヒット曲にも「トイレの神様植村花菜)」と言うのがあった。

世に、宗教法人「トイレ真理教」は存在しなくても、トイレの神はいるのである。

復活し、元気にスムースに動いてくれる自転車に愛着がわくというもの。

僕ら日本人の精神性とは、そう言う奥ゆかしい事物に則っているのである。

ピカピカのトイレは気持ちいい。

スムースに動く自転車はカッコイイ。

「そうか、そうか、明日、自転車屋さんにいこうな」僕は呟いた・・・次号に続く。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f