読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

肌の調子がいい(File.266)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト

http://lacan.agency-inc.com/

最近、肌の調子がいい。本当に生きていて気持ちがいいです。

精神分析の世界では、皮膚=自我と言う概念が有ります。

私という内界と外界の境界が皮膚であります。

日頃から、自分の皮膚を注意深く観察・ケアされている方は、自分の精神状態と皮膚のコンディションには密接関係がある事を体験や経験則で認知されていると思います。

女性はファンデーションを塗る時に、その日の肌のキメによってコンディションが解るといいます。

男の自分でさえ、自分の体と精神のコンディションはわかります。

今から子ども時代の事を思い出すのはシャクに触るのですが、自己愛者の「父方に祖母」によって支配された自家で生活する僕達は相当ストレスを感じており、私の実母は奴隷状態で息子の僕に愛情を注ぐすべもなく、まるで北朝鮮人民の様な圧政に苦しむ民でありました。

昭和04年生れの実父は、16歳の時に予科練で終戦を迎えた世代で「極端に欲望を抑圧させられた」のでしょう、子ども達にも「我慢」を強いました。

父からも母からも欲しいものは与えられず、早期に愛情を求める事を諦めた私でした。

ところが、意識上は「この人達に要求しても満たされない」と諦めても、無意識は愛情を求めます。それが、人の精神発達上必要だからです。

<口唇期欠損>

小学校高学年から中学校に至る間に、よく上下の唇の周りが赤く炎症を起こして爛(ただ)れました。メンソレータムやハチミツを塗ったのを覚えています。

なぜ、あの時、あんな症状が出たのか?今ははっきり解ります。愛情不足の口唇期欠損です。

今から思春期に突入して行く中で、言葉には出さないものの、体が愛情不足を訴えていたのです。いま風に言えば「サイン」を出していたわけですが、そんな奥ゆかしいサインが当時の私のまわりの大人達が読み取れる筈もなく、あまりよろしくない心の構造が出来上がっていきます。

<乾癬>

思春期を迎えると今度は、頭皮が荒れて異常に「フケ」が出てきます。もちろん痒いし、黒い学生服に白いフケが目立つので、メリットシャンプー&モイスチャーリンスで洗髪するのですが、頭皮に染みるばかりでフケは止まりません。

自分で自分の頭皮をつぶさに観察する事はできませんが、荒れた頭皮も赤く炎症を起こしていた筈。後年、肘や膝に発症した「乾癬」が頭皮に発生していたものと自己分析している。

「乾癬」をネットで調べると、未だに原因不明で、ストレスや西洋化した食生活に起因するのでは?と入った解説がなされる。私が、近所の陣内皮膚科の先生にお話を伺った時も、皮膚が通常の4倍の速さ(赤ちゃんと一緒)で成長する病気と説明された。

つまり、皮膚が赤ちゃん化している=精神分析的な解釈をすると「私は赤ちゃんなのだからもっと世話をしろ」と言う、精神内界「自我」の訴えが=「乾癬」と言う皮膚病の発症の意味なのだ。

思春期の私は、奥ゆかしかったので、直接、自分の目でみえず、他人からも見えにくい頭皮に「乾癬」を発生させて「自我がまだ赤ちゃんですよぉ」とさり気なくアピールしていたのだ。

こんなに「なんとか細胞」とか、先進医療が発達している21世紀医療技術をもってしても原因不明の皮膚病で対処療法しかなす術がない病気はゴマンとあるのだ。

精神分析家の私からみれば、思春期に発生する原因不明の皮膚病の殆どは「心の病」と言っていい。

私の体験談ばかり並べて申し訳ないので、他者の体験談の一例を開示します。

昨年の11月に亡くなったエッセイストの「雨宮まみ」さんの著書「女子をこじらせて」を読むと、中学校時代からずっと悩み続けて、病院に行っても治らなかった「ニキビ」が会社組織を離れてフリーで活動で仕事をする様になって完治し、博多の実家に帰省するなり実母から「あんた肌がキレイになってから、なんばつけようと?」といきなり言われた・・・との記述があった。雨宮さんの場合:集団帰属ストレス=ニキビ発生の原因だったわけです。

然るべき時期に然るべき愛情を注がれないと、子どもは、意識上口に出さなくても、精神(自我)はちゃんと皮膚疾患と言う表現手段を用いて、アピールするわけです。別の言い方をすると「疾病利得」を言う言葉もあります。

子どもが遠因不明の皮膚疾患を起こしたら、子どもがストレスを感じていたり、愛情不足をアピールしているものとして受け取って下さい。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f