読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

ザ・コンサルタント の考察(File.258)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

予告編では表向きは会計士で裏の顔はスナイパーと言う宣伝文句だった。ゴルゴ13か007かと言うテイストを想像したのだが、本作品みるべきポイントはそこではない。

あえて、宣伝屋さんは避けたのだ、主役が少年次代から「発達障害自閉症」と言う設定である事を。

拘るポイントがズレていたり、短気であったり、妙な拘りがあったり、体を揺らしていたり、普通ではないな・・・異常だなと大人達が感じる子ども・・が、将来、会計士となり、危ない組織を顧客にし、狙撃能力を持つと言う設定の映画である。

危ない仕事を請け負うのだから報酬を釣り上げる、トラブった時に消されない様に武装する。で、ちょっと常人とは違った能力を持っている。

最後のオチはタイガーマスクぽかったりもするのだが、この作品、前半がテンポが遅くて眠たくなって睡魔と戦いを余儀なくされました。

こうやって、評を書こうとすると、ずいぶん没入感がある様な感じがするのですが、何か大事なところが抜けているような感じがします。

発達障害自閉症」の理解?

やはり、宣伝屋さんが避けたのは、面白さに直結しにくい設定だから?

この作品については町山智浩さんの様に、映画作成の背景や、制作側の意図を十分に読み込める人が解説すると、より一層楽しく鑑賞できるのかもしれません。

私は消化不足の感が否めません。

分かる人にはお薦めです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f