読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

マンションリフォーム:水まわりの巻(File.206)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

新年明けましておめでとうございます。

本年も宜しくお願いします。」

昨年の事を振り返ると自ら頑張った「マンションリフォーム」が一番のイベントだった。
なんせ竹中工務店の施工とは言え平成元年に建ったマンションで、築年数30年は目の前なのだから性根を入れて取り組んだ。

水回りで最大の課題は「洗面所の排水パイプの詰まり」である。え?こんな流れだったけ?と言う位、排水スピードが遅い。気になりだすと許せなくなって、トイレ用のパフパフをしたり、熱湯を流したり、洗剤を流したり、近くのスーパーから「パイプマン」だの類似のパイプクリーナーを購入してあれこれ試すのだが一向に詰まりは改善しない。

頭にきて楽天でバズーカ砲の様なパキュームマシーンを買って「ずぼずぼ」一生懸命排水を圧したり引いたりしたら・・・ある時、変なものが排水パイプから出てきました。

それも長い髪に絡みついて・・・なんだこりゃ?ガムの様なセメントの様な・・・と思いながら自分の脳内データを検索して分析した結果、1つの仮説に辿り着きました。

これは「女性の化粧:ファンデーションが固着・固形化したもの」だ。・・と。

実は、僕のマンションは3年位、他者(家族)に賃貸した事がありました。

多分、その期間に奥様が、洗面台で髪を洗い、ファンデーションを落とされたのでしょう。当然、洗面台の排水パイプには長い髪の毛とファンデーションが流れて行くわけです。皆さん知っての通り洗面台の排水パイプは臭いが上がって来ないように湾曲して、常に一部の排水をキープして蓋をする様な構造になっています。

長い長い間、髪の毛とファンデーションが排水パイプの内側に固着し、排水が流れる空間を狭くし、排水の流れを妨げるようになったのでしょう。

今では髪の毛がパイプ詰まりの遠因と断定し、髪の毛を溶かすお掃除溶剤も販売されています。

僕のマンションの洗面台の詰まりの原因は「固着したファンデーションと長い髪の毛」でした。

ネットで検索しても「ファンデーション」でパイプが詰まったと称されていた方はいなかったので他者の参考になる様に記述しておきます。

人の心の奥底深くに沈むコンプレックス(無意識)やトラウマも、パイプ詰まりの原因も似たようなものかもしれません。外からは見えないし、調子が悪い原因をあれこれ考えさせられます。で、原因がわかって問題が解消したらスッキリします。

なんか似てますよね。

精神分析を心の煙突(えんとつ)掃除と称する方もおられるようです。

読者のみなさんが良い年を迎えられますように。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f