読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

気になる隣の乗客と「藤田スケール」の謎(File.183)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

以下ネットから引用

もう一年以上前の事。

講習会参加の為、新幹線で博多駅から京都駅へ移動する時の事。

私は指定席で窓際の席に座っていた。

で、二人がけの席の隣に小倉駅から若い女性が・・。

「OLさんの出張?」と思ったのだが、女性がバックから取り出した書物は・・

りっぱに製本されている全て英語の学術論文。

なにやら分布図的なグラフも掲載されている。

はて?この人学者か何かかなと思い気になった。

何の事が書いている本かな?と思って英文のスペルを横目で追った・・。

Fujita-Pearson scale 確かにそう読めた。

たしか「世界なんとか発見」的なテレビ番組で取り上げられていたので「藤田スケール」の事は僕でも知っている。

日本国内で不遇な扱いを受けていた藤田哲也氏は渡米し、苦労して、ダウンバースト(下降噴流)とトルネード(竜巻)の研究における世界的権威になった。Fujita-Pearson Tornado Scale(トルネード階級表、通称F-Scaleとも藤田スケールとも呼ばれる)として提唱した人としても有名。

講習会が終了し、博多に戻ってから藤田哲也氏の事を調べてみると、氏は福岡県出身であり、九州工業大学工学部機械科を卒業されている。博士号取得は東京大学

現在、藤田氏は郷里の福岡県北九州市小倉南区中曽根の藤田家之墓に眠っておられる。

さて、美人OLと藤田氏の論文と小倉がどう結びつくのか?

ひょっとしたら藤田氏の母校:九州工業大学に氏の研究を引き継ぐ研究室が存在するのでは?と思ってリサーチしたが該当部署を確認する事はできなかった。

精神分析は別名「精神の考古学」とも言われており、コツコツと小さな事象を積上、考察、検証し、心の構造を解き明かす学問である。

故に、分析家には好奇心が求められる。

常に「あれ?こうどうなってんの?」と言う視点を外す事ができない。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f