読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」の考察2 (File.167)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

以前このブログで取り上げた(File.156)映画「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」を再び取り上げる。映画のストーリや解説は別の映画批評サイトに譲ります。

2016年12月10日深夜:TBSラジオのシネマハスラーでライムスター宇多丸師匠がどの様な評論をされるか気にしていました。

見方によっては表現者のエゴの押し付けとも取られかねないので番組の評価を気にしていたのです。案の定、リスナーメールの評価を二分していると言う事で聴いている私自身もドキドキしました。

主役のフローレンス(ものすごく愛嬌のある人)を演じたメリル・ストリープの演技を絶賛。夫役にヒュー・グラントを持ってきた配役が素晴らしいと言われていました。

ザブタイトルの「夢見るふたり」に着目し、夫婦論とも受け取れる内容を絶賛。宇多丸師匠も涙腺決壊し、私の中で大切な一本になりましたと評されていました。

いい悪いで言えない大人の世界。財産目当てとみられるかもしれない立場で他に愛人を作ってずるいけど、妻(フローレンス)の魂の純粋さを守ろうと必死にサポートする夫の姿。

僕は本作を鑑賞して子育てで言うところの「オールOK子育て法」に通じる、妻に対する献身的な夫の姿を見て、人を愛すると言う事とオールOKは一緒なんだなと思いました。

この映画を観て涙腺決壊できる大人でありたいと思いました。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f