読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

もめている「キュレーション」「まとめサイト」考察(File.164)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

いつかは起こるだろうと思っていましたが、こう言う事態が巻き起ころうとは・・。

キュレーションとは辞書で引いてみると「収集した情報を分類し、つなぎ合わせて新しい価値を持たせて共有すること」を言うらしい。

ネット上にある「まとめサイト」や、見方によっては、個人が作成している「オタク趣味のサイト」も当てはまるかもしれない。

今回の問題は「DeNA」と言うでかい企業が、それって著作権上問題があるんじゃない?と思われる手法で「まとめサイト」を作って、他企業から広告料をとって儲けていたと言う事。

特に問題視されているのが正確性が求められる医療情報を掲載していたサイトで、内容に問題がある記述があったとして社会問題化してる。

「DeNA」の取締役会長の南場智子さんも「自分で自社サイトで医療情報を入手していなかった」「不徳の致すところ」と会見で述べられていた。代表取締役社長兼CEOの守安功さんも歯切れの悪い会見で・・・この人達は自社がどういった情報を世の中に提供して、褒められているのか、けなされているのか、まったくわかっていないのではないかと思った。いくら「キュレーション」と言う手法を使ったと言え、自社で能動的に情報を世間に提供し広告収入をとって、提供した情報の内容について「まったく責任を負いません」ってそれは無いです。

商品(情報)の品質保証無くして、対価を請求するなんてありえません。

著作権の問題に関しては、古くはレコードのカセットテープへのダビングから問題としてはあったのですが、法律の運用上も色々な問題があって運用は常にタマムシ色であった。
さてさて、無料で見れるのがインターネットと言う概念と、著作権と、まとめサイトでキュレーションで作ったサイトで広告料を取ることと・・・どの辺で折り合いをつけるべきなのか・・・。

結構、難しい問題だと思います。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f