読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

女子をこじらせて 雨宮まみの苦悩 ラカン的考察 (File.146)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

雨宮まみさんが面白い。雨宮まみ:(あまみやまみ、1976年9月26日 - 2016年11月15日)はAVライター、作家。福岡県出身。

11月15日の訃報を受けて雨宮まみさんの「女子をこじらせて」を読んだところ大変面白かった・・興味深く、性倒錯の教材には持ってこいだと思った。著者は既に故人となっているので少々不謹慎かもしれないが「女子をこじらせて」から、興味深いエピソードを教材として拝借したい。

雨宮まみさんが高校生の時代のエピソード

「鮮明に記憶に残っている出来事があります。あるとき、母が社員旅行で家を空けることになりました。その間、私と弟と父で洗濯当番、食事当番を決めてやることにしました。そして父が洗濯当番の日に、こう言ったんです。「お前の下着は自分で洗え」。私は、そのひとことが頭にきて頭にきてしょうがなかった。父は、女は汚れているとかいう考えで言ったのではないんです。自分の下着は自分で洗うのが女の恥じらいみたいなもんだ、というニュアンスで言った。私はそれが耐えられなかった。

お前の娘はな、お前はどう思ってるか知らんが、夜道に人気のない道路にほっぽりだしておいても、誰も襲わないようなそんな容姿の女なんだよ、そんな女が女らしいとか恥じらいとか関係あるか! お前の娘の下着なんて誰も価値を感じない、ブルセラショップでも絶対に売れない、そんなゴミみたいなもんなんだよ、それを自分で洗えとか何言ってんの? こんなゴミみたいなもん、誰が洗おうがどうでもいいじゃん。洗濯機だし!

果てしなく気持ち悪かったです。父親が当時の私のことをどう見ていたのかはわかりません。でも、私からみたらまったくのムダにしか思えない「女教育」をされることが、私は耐えられなかった。なんか、情けなくて情けなくて涙が止まらなかった。

以上引用

思春期を迎えた女子が父を疎んじたり、下着を一緒に洗われるのをとんでもないと拒否するのが当たり前の昨今だが、雨宮さんの場合は、自分を女子と自己承認できなかったが故に屈折した感情を持つことになる。

以下引用

この年の夏休み、私は家を出て祖母の家に行きます。そして受験勉強を理由にそれから家には一度も戻らなかった。両親と暮らしたのはそれが最後です。

以上引用

女を自己承認できない雨宮さんは、「女」ではなく「孫」でいられる祖母の元へ逃避したのでしょう。

< レオナルド・ダ・ビンチの秘密 >

最近、研修の教材として「性倒錯の構造」フロイトラカンの分析理論 著:藤田博史を使用しているのだが、藤田氏は同性愛者の例として、あのモナ・リザのレオナルド・ダ・ビンチを取り上げている。

私自身はダビンチが同性愛者とは知らなかったのだが、その方面の方々には有名な話らしい。ダビンチはみなさん知っての通り、すごい芸術家だし、科学者でもある。人の素質として、芸術と科学を極めるなんて有り得ない事なんだけど、藤田さんは、ダビンチの秘密を二人の母の存在に着目して解いている。ダビンチは相当稀有な人である事は間違いない。ロマンチックな言い方をすればモナリザの微笑の秘密の起源は二人の母親にあったと言う。

< 女性の憂鬱 >

さて、話を「雨宮まみ」さんに戻そう。彼女の場合は、女でありながら女になれず、かと言って組織の中でバリバリキャリアにもなっていくわけでもなく、妻にもなれず、母にもなれず、40歳からの先の自己イメージも描けず、エッセイの中で「楽に死ねたらな」と呟いていた。

社会性と女性の享楽を一致させようと思ったら、それこそ雨宮まみさんの仕事の上での対象であった「AV女優」になるしかなかったのではなかろうか?

雨宮まみさんは、女であるが故に、AVの批評ひとつ書いても「女のくせに」「女の立場を利用して」「女ならではの視点」・・などと評され、単に「仕事」を社会人として評価して欲しいのに常に「女」が付きまとう。

< すべての女性は双極性障害

社会の中では抑圧され、女でいる時は「躁」状態。ただ、人として、私は私で生きていたいだけなのに、女として存在しているだけで「彼氏はいるの?」「結婚はいつ?」「子どもはまだ?」・・29までには、35までには、相手が必要な事なのに、周りを見渡しても「男」と言える「男」がいない。自立している男がいない。定職についている男がいない。ギャンブルと酒に依存するDV男にばかりにひっかかる。

・・・そんな女性ばかりが目につく。

いっその事、女を捨ててて、キャリアで生きていく。卵子は冷蔵保存。子どもは人工授精で。すでに、そんな世界が現実化している。

フランスの精神分析ジャック・ラカンは言った「女性は存在しない」

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f