読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

経済について単純な疑問(File.143)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

今日は、今年53歳になった私が経済について素朴な疑問を打ち明けようと思います。

私は1963年 昭和38年生れで、生れてから1990年のバブル崩壊まで27年、バブル崩壊から現在までの26年、合わせて53年間を生きてきました。

丁度、インフレとデフレを半分づつ生きた事になります。

昨今、景気回復とインフレ化が政治のテーマとなっていますが、安倍首相もアベノミクスで注力されてはいるのですが、なかなか経済がインフレ化するところまで行っておらず、なかなか一国の経済の浮揚を左右する事は簡単でない事を理解しました。

世の資本主義社会の趨勢は「ボーダーレス化・グローバル化」と思っていたのですが、はてさて、英国はEU離脱、アメリカ合衆国のトランプ新大統領もTPP離脱を表明。世界的な経済の発展よりも、保護主義的な側面が強くなっている様に感じます。

人・物・金が自由に動く様になれば経済が活性化して、すべてに万々歳と言う理屈が存在する様ですが、そうでは無いような気がします。

製造工場・安い人件費(永続的な雇用と賃金)がセットになっている以上、製造工場がある場所(国)に低賃労働者が流入する事は当たりまえで、一見、低コストで製品商品が製造できるので好ましい事の様に思えますが、既存の労働者の賃金も下がり、職は奪われます。

で、本来、労働者であり消費者であった人々は収入がなくなり、消費意欲を失い、巷に商品は溢れても、購入者が限られ、さらに商品の値段さえも下がっていくと言うデフレスパイラル現象が生じます。これでは、一部の人達しか幸福になれません。

更に、この理屈で言えば、製造工場は人件費が安い場所を目指して移動していきます。自動車生産工場の動きをみれば一目瞭然。産業革命が起こった英国に始まり、米国、日本、韓国、中国、ベトナム、マレーシア、カンボジア・・。

製造業が無くなった国々は、永続的な雇用も賃金もなく町はざびれ「あぁ昔はよかった」と遠くを見つめるだけになります。

グローバル化」に逆行する言葉で最近目につくのが「地産地消」。地方で生産し、地方で消費すれば、地方の景気・雇用・賃金が維持される事を訴えています。

産業革命からオートメーション、情報化まで、もうそろそろ行き着いた感がするのは私だけでしょうか?

テレビのバラエティ番組で「景気をよくするには?」と言う問いをたてて「鎖国」と言うアンサーが用意されていましたが、あながち暴論ではないような気がします。

自国でコントロール出来る範囲内で、自国の雇用と賃金を維持できる生産工場をキープする事はできないのでしょうか?

関税をかけずに安い商品が国内に流れ込む=国内でしか戦えない工場が潰れて雇用と賃金がなくなる事を意味します。はてさてそれでいいのでしょうか?

日本は永続的に何を生産して何を輸出して、輸入とバランスをとっていくのでしょうか?食料一つとっても日本国内で自給できるのは「米」だけで、戦略物資の食料は既に他国に依存している状況です。

2011年に31年ぶりに貿易収支が赤字となり、以降2015年まで連続しての貿易赤字が続いています。(2015年は約-2.9兆円)。

かつては「加工貿易立国」と謳われた我が国ですが、自動車・オートバイ白物家電液晶テレビ・・もはや、国内生産でコスト的に世界で戦える商品は数える程ではないですか?

JFTCのサイトをのぞいてみると「日本の輸出の主力品目は、自動車や自動車の部分品、半導体等電子部品、鉄鋼。」とある。なるほど、為替レートが円安にふれると株価が上昇するわけだ。輸出相手国としては1位2位が「中国」「アメリカ」。

景気を良くするには、まず永続的な「雇用」と「賃金」。そして健全な「消費」。

オレオレ詐欺」や「ギャンブル」ではない手段で「生活する糧」をつかむ事。

最終的に景気を良くするのは「欲望」。

日本国民が健全な「欲望」を持つこと。

・・・ではないでしょうか?

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f