読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

再陥没 JR博多駅前大規模陥没の謎(File.142)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

寒くなりましたねぇ。

JR博多駅前大規模陥没の事故処理を一週間で完全復旧を成し遂げ、世界的にも賞賛された福岡市役所 高島宗一郎市長 だったのだが・・・恐れていた事が現実になってしまった。

最大7cm再陥没し、現在、通行止全面通行止め。

以下ニュース記事引用

<福岡・博多陥没>事故現場が再び沈下 全面通行止めに

毎日新聞 11/26(土) 3:36配信

福岡県警博多署に入った連絡によると、26日未明、福岡市博多区博多駅前2丁目の道路の路面が沈下し、同日午前01時45分ごろから周囲の道路が全面通行止めになった。けが人はいない。原因を調べている。

以上ニュース記事引用

復旧状況について高島宗一郎市長は以下の様に胸をはっていたのだが・・

14日昼には、地盤工学の専門家らが出席した専門家会議が開かれ、埋め戻した現場の安全性について協議。会議では埋め戻し部分について、「安全性に問題はない」との結論が出た。高島宗一郎市長もその後の記者会見で「以前の30倍の(強度の)地盤が工事によってできた」と述べた。

これでは、市長の面子丸潰れなのだが、

このブログでも何回も説明してきた。

あの場所はさて、大穴が空いた「博多駅前通り」この道路、片道2車線ですが、博多駅を背にすると、正面にキャナルシティ、その向こうが西日本一の大歓楽街「中洲」、国体道路を通って、百貨店が立ち並ぶ「天神」へと続く道で、非常に重要な商業道路です。

・・・と。これから歳末にかけて安全に通行できないと非常に困る道路なのである。

事故や災害は常に予想(想定)を超えたところで発生する、起こるのである。

精神分析家の立場でいうと、人の錯誤行為(まちがい)には、必ず無意識が関係しており、夢分析とともに、その人のコンプレックスを解き明かし、言語化する上での鍵となります。

もちろん対話療法(セラピー)で、心の状態をみていくことも大切です。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッター
https://twitter.com/lacan_msl_f