読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ラカン精神科学研究所 福岡

福岡の精神分析家 進志崇献 が精神分析的視点で綴っています。人はコンプレックス(無意識)に支配されています。

福岡3.8億円強奪事件(逃走経路)の考察(File.387)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も見てね。

https://youtu.be/ezb84EW9Bfk

以下ネットから引用

「強盗だ」走り去る車=白昼の繁華街、現金強奪-福岡

「強盗だ!」。走り去る車を、若い男性が叫びながら追い掛けた。福岡市の中心部・天神で20日、現金約3億8000万円が奪われた事件。大都市の繁華街で白昼に起きながら、周囲の人は状況を把握できなかったという。目撃者は「ひったくりかと思った」と語った。

 現場近くの福岡市役所前広場にいた男性会社員(40)は、白いワゴン車が「キュルキュル」とタイヤを鳴らしながら、細い通りから飛び出すのを目撃した。車はスピードが出ていたという。その後ろを若い男性が、「強盗だ!」と携帯電話で話しながら走って追い掛けていた。ワゴン車と若い男性は近くの交差点を曲がり、姿が見えなくなった。目撃した男性は「ひったくりなのかなと思った。大げさなことをしているなと感じた」と振り返った。現金が下ろされたみずほ銀行福岡支店を利用した主婦(63)は「驚いた。男性が3億円を持ち運んでいた理由も気になる」と話した。(2017/04/20-17:20)

以上ネットから引用

強奪現場は福岡市の中心部天神の交差点の次の交差点のたもとで、まさかよもやの白昼堂々の強奪である。現場のすぐ近くには福岡市役所、百貨店が立ち並び、おまけに福岡県警中央警察署も目と鼻の先である。

犯人の大胆不敵さがよくわかる。

さて、目撃情報によると犯人は中年の男3人組だそうで・・。

早期に解決できればよいが、長引けば「修羅の国 福岡」などと揶揄されてしまうのだろう。

被害者は東京の29歳の会社員で、社用で「金塊の買い付け」の為の代金を運んでいたとの事。3億8000万円のキャッシュともなれば重さは40キロ近い。それを一人で運ぼうとしていたのだから、どんだけ不用心なのだろうか?アメリカなら、キャッシュだけでなく容易に命まで奪われかねない状況。

犯人グループは当然、狙っていての待機あろうが、なぜ現金輸送の情報が漏れたのか?

どう考えても腑に落ちないことが多すぎる。

今頃、週刊 文春の記者は、周辺の胡散臭い情報を探っているに違いない。

文春の発売日が待ち遠しい。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画「バーニングオーシャン」の考察(File.386)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も見てね。

https://youtu.be/ca-tZ7PzqNM

実話「2010年メキシコ湾原油流出事故」をモチーフとした作品です。

これは面白かったです。

「必ず、生きて帰る」と言うキャッチは、日本では「海猿」を彷彿とさせますが、126人の作業員中、生きて帰れなかった人が11人。負傷者17人・・あれだけの大災害でよくこれだけで済んだなと思います。

だって吹き出した油田に火がついたんですからそりゃ破壊力半端ないですよ。ストーリーも人災映画の王道で、平凡と言えば平凡なんですが、一般人である僕らも、ひょっとしたら大規模開発に携わっていたら遭遇する事故かもしれないし、現実に日本で、一年後の2011年3月11日に福島第一原子力発電所事故が起こってしまいます。

僕達世代が思い出すのは「タワーリング・インフェルノ(1974年)」僕が12歳の頃の映画です。ポール・ニューマンスティーブ・マックイーン主演。ワーナー・ブラザース20世紀フォックス共同製作・提供作品。

パンフレットと買って一生懸命読んで「リチャード・チェンバレン」と言う俳優さんの名前を覚えました。オーナーの娘婿で勝手にコストをケチって粗悪な材料を使わせて、高層ビルの火災を起こさせてしまう役で、我先に逃げようとして、ビルから落ちて死んでしまう役。こんな人にはなってはいけないな、救助非難はけが人優先,社会的弱者、年齢が行っているおっさんは一番最後・・・笑。

こういう災害パニック映画を観ていると、いざという時、自分は然るべき行動や立ち振舞ができるのだろうかと思ってしまいます。阪神淡路・東北・熊本、「いつかは来るかと思っていたが、今日くるとは思わなかった」と災害はやってきます。

パニックの時こそ落ち着いて、冷静に、平素から確かな情報を入手しておきましょう。

ここが、父性の発揮のしどころです。

そんなあなたの災害シュミレーション映画としても十分お楽しみいただけます。

映画「バーニングオーシャン」オ・ス・ス・メです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画 ヒッチコックの「サイコ」(1960年)の考察(File.385)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も見てね。

https://youtu.be/Bi_NFgRJRZs

アマゾンプライムビデオ様さまです。

前回の「鳥」に続いて元祖猟奇殺人映画ヒッチコックの「サイコ」(1960年)が会員は無料でご覧になれます。

被害者女性マリオン(ジャネット・リー)が全裸のシャワーシーンで惨殺されるシーンは余りにも有名です。

この「サイコ」の特徴なんですが白黒映画で徹底的に低予算で作られています。普通の低予算映画ならB級作品と呼ばれてしまうのですが、「サイコ」は、ヒッチコック監督の演出のテクニックで高い評価を受けています。

今でも、カラー印刷のパッケージでレンタルDVDの棚に並んでいても、中身の作品はモノクロです。でも、誰も文句はいいません。

それくらい作品の質が高いって事です。

これからネタバレします。

結局、サイコパスの息子が母親を亡くした事を受け入れる事ができずに、ミイラ化した母親の死体と10年に渡って同居し、自分の人格をも二重化して、自分の人格と母親の人格と同居させ、それが元で来客を次々と殺して底なし沼に沈めるという物語でした。

リアルな世界では多重人格の事例としては、つい先日に昏睡強盗を繰り返していたと逮捕・起訴された「声優のアイコ」こと神(じん)いっき容疑者は人格解離者で犯罪行為を覚えていないと主張している。この人は性同一性障害も抱えており、彼?彼女の精神構造はより複雑です。

アダルトビデオ監督である代々木忠(よよぎただし)監督の著書に「マルチエイジ・レボリューション(1998年)」と言うのがあって、7つの人格を持つ泉みゆきさんと言うAV女優の事を買いておられます。

代々木忠監督いわく、泉みゆきさんさんは実母から虐待を受けており、それを事実として受け入れる事ができず、養育年齢毎に人格が多重化したのではないか?何か人格が多重化しなければならなかった理由がある筈だと述べられています。

参考:月刊精神分析 代々木忠AV監督と多重人格の考察
http://agency-inc.com/jekyll-hyde/

人の心とは複雑怪奇なもので、パット見は普通にみえる人の精神世界には、恐ろしい何かが巣食っている事があるのです。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画「夜は短し歩けよ乙女」の考察(File.384)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も見てね。

https://youtu.be/akvIWmcFB20

こりゃちょっと失敗しました「夜は短し歩けよ乙女」。劇場の予告編では個性的な絵柄で面白そうっと思っていて、TBSラジオの宇多丸師匠のムービガチャのリスナー推薦枠にも入っていたので「面白いに違いない」と持って、Tジョイ博多のレイトショーを観に行ったのですが・・・。

物語の舞台は京都、ちょっと奥手な先輩と天然の黒髪の乙女の大学生活コメディー。それも、大学祭を開催中のたった一夜のお話なんですが・・・・。

今54歳の私から言ってみれば「うる星やつらビューティフル・ドリーマー」の平成版かなぁと思いながら・・登場人物のキャラは立っていてストーリーも難しくはないんですが・・・途中から不思議の国に迷い込んだアリス状態になりました。

鑑賞後に、帰宅して作品内容をチェックしたら、この「夜は短し歩けよ乙女」はアマゾンで 380件のカスタマーレビュー が入っている人気小説の映画化作品という事がわかりました。

今頃後悔してしまったのは、この映画は、原作小説を読んでから、この登場人物が銀幕の上で喋って動いたらどうなるのかという期待のもとにアニメ作品を観るのがよかったのではないか?と・・

で、その結果がネット上映画レビューの賛否の分かれ目になっているようです。

ちなみに漫画化したコミックス版もあるのですが、こちらはあまり評判がよくないみたいです。

自分の場合は、映画の方を先にみてしまってから原作を読む事になってしまったのですが、あのキャラのイメージで先輩の声は星野源さんの声で頭に響くことになるのですが、これが是とでるのか非となるのか?

また別途報告させて頂きます。

心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画 ヒッチコックの「鳥」(1963年)の考察(File.383)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も見てね。

https://youtu.be/y5ai1mUFvw4

凄いですねぇamazonプライムビデオでヒッチコックの「鳥」を観ました。原題は「The Birds」

この作品、動物パニック映画の元祖・ルーツと呼ばれている作品です。

調べてみると1963年の作品で、私が生まれた年に公開されています。

ちなみにゴジラシリーズでは第4作「モスラ対ゴジラ」が1964年。英国特撮テレビ番組「サンダーバード」が1965年。ウルトラQが1966年と言う時系列になります。

この頃のアメリカの状況は、ケネディ大統領暗殺1963年11月22日、ベトナムの共産化を阻止する口実でアメリカは1965年から本格的に軍事介入、麻薬・ドラッグに汚染されていきます。1964年7月2日に公民権法(Civil Rights Act)が制定。法の上での人種差別は終わりを告げる。

1963年に公開されたヒッチコックの「鳥」には黒人は登場しない。

今から50年以上前の作品という事を頭に置いてみると・・

ヒッチコック監督は1899年、ロンドン生まれ。

最初のサンフランシスコのシーンで、目立つ看板はBOAC(英国海外航空: British Overseas Airways Corporation:1974年までイギリスに存在した国営航空会社 現在はブリティッシュ・エアウェイズに統合)

主役のメラニーさん(上品なお金持ち?)が乗っているのは「アストンマーティン」1913年設立のイギリスの乗用車メーカー。映画007シリーズでもボンドカーとして採用。

劇中での、通信手段は「固定電話」「公衆電話」。情報メディアは「ラジオ」。

そんな時代のアメリカ・カリフォルニア州沿岸の港町、ボデガ湾(Bodega Bay)が舞台。
合成技術・俯瞰的視点でみせるカメラワーク、いちいちカットが絵的に素晴らしい。

BGMは使わないのに、効果音の演出効果がすごい。

伏線があって、だんだん危機感を煽って、ヤキモキさせる展開・・。

なるほど、こりゃスピルバーグが影響を受けたと言うのも頷けます。

映画ファンなら・・これは観ておくべき作品です。


50年以上たっても評価され続ける作品を撮ったヒッチコック監督の養育史はどのようなものであったのでしょうか?


心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画「T2 トレインスポッティング」の考察(File.382)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

動画も観てね。

https://youtu.be/L2SSXrIubMA

昨日、キャナルユナイテッドで「T2 トレインスポッティング」を観た。この作品1997年の「トレインスポッティング(1997年)」の20年後の作品、演じている役者さんも一緒で同窓会的作品と言える。

ちなみに「トレインスポッティング(1997年)」はAmazonプラムビデオで鑑賞可能。

主役の「マーク・レントン」を演じるのは「ユアン・マクレガー」で後のスターウォーズの「オビワン」役。

「まるで英国の植民地になった」と自国を糞だと宣い薬中になるスコットランドの若者達「トレインスポッティング」。

そして、20年後を描いた本作「T2 トレインスポッティング」。

現在、中年の域に達している人達は、自分の20年前、30年前を思い出して欲しい。

きっと感慨深く鑑賞できる筈。

人は日々生まれ変わる。

人はいくらでもやり直すことができるのだ。

ただ、「子供時代は、もう無い」 by フロイト


心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f

映画「時計仕掛けのオレンジ(1971年)」と元少年A(File.381)

こんにちは、精神分析家 進志崇献@福岡です。

進志崇献(しんしそうけん):lacan.msl.f@gmail.com

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

以前から気になっていてなかなか鑑賞する機会がなかった「時計仕掛けのオレンジ」。スタンリー・キューブリック監督(2001年宇宙の旅 ・シャイニング・フルメタル・ジャケット)の作品。

少年犯罪が起こる度に、評論家の口から出て来るこの映画作品。断片的なシーンはYoutubeなどで観た事があったのだが今回、amazonプライムビデオの無料鑑賞作品としてラインナップされていたので初めて通しで鑑賞した。

学校にもいかず無軌道に暴力・輪姦・強盗・窃盗を繰り返す少年と社会の関わりを描いた作品で、20年前の神戸児童連続殺傷事件を思い出した。

http://agency-inc.com/lock-on/

犯行時14歳の元少年Aの生き様を予言したかの様な作品。

元少年Aは、14歳で弟の同級生を含む複数の児童を連続殺傷、補導後、医療少年院で矯正教育をうけて成人となり出所。

消息不明状態が続くものの突如、遺族の意向を無視し犯罪手記「絶歌」を出版。

元少年A公式サイト(ナメクジアート)を開設。有料メルマガを開始しようとしたものの世間のバッシングにより敢え無く頓挫・閉鎖。

その後、週刊文春に住居を調べられ直撃取材で咆哮した模様が写真入りの記事でスクープされる(2016年02月25日号)。

「絶歌」の印税で遺族に賠償を申し出るものの拒否される・・・当たり前。

精神分析的には、攻撃性や性欲や物欲は人間の欲動の現れであり、それを包含した上で人は人なのである。ルドヴィコ療法により『時計じかけの“オレンジ”』化した主人公は逆に大きな欠損を抱える事となる。

今も元少年Aは、自殺していなければ、彼の書にある彼の表現を用いいれば「今頃になって生きることを愛してしまった」のならば、この地球上のどこかで新しい名前KM氏として生き続けている筈だ。


心の病、親子関係、引きこもり、子育て、子どもの問題行動、オールOK子育て法など、ご相談承ります。

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト
http://lacan.agency-inc.com/

オールOK子育て法 再考察
http://agency-inc.com/all-ok/

ラカン精神科学研究所 福岡 公式サイト(スマホ対応)
http://agency-inc.com/for-pad/

精神分析家のセラピー日記(進志崇献)
http://agency-inc.com/journal/

進志崇献(しんしそうけん)公式フェイスブック
https://www.facebook.com/lacan.msl.f

進志崇献(しんしそうけん)公式ツイッタ
https://twitter.com/lacan_msl_f